投資を知ろう : 初心者向け投資競馬入門ガイド

投資を知ろう

競馬で投資資金の回収対象になるのは、基本的に上位3頭までです。
3頭までに入らなければ、投資した資金を失う事になります。
特例として、出走前に除外になった馬が出た場合、的中がゼロの場合、この2つのケースに関しては、返金されます。
以上を考慮して、無駄なく安全な投資を計画していきましょう。

投資競馬考察

競馬が株式と異なっている側面としては、控除金25%の存在、残る75%のパイを奪い合うゼロサムゲームという点ですね。
競走馬は生き物ですので、常にマックスの力を発揮するわけではありません。最適手を選択してくるであろう機械的なものを相手にしている勝負ではありません。
レース中に、こちらが関与できない不確定要素も考慮しておく必要があります。
メリットを最大化させる考えではなく、デメリットを最小化させる投資手法を考えるのが資金を増やす近道になります。

自分なりの投資スタイルを定める

オッズの高い馬券で一攫千金を狙う穴党、オッズの低い馬券で地道に資金を増やす本命党、投資競馬には大きくこの二種類のスタイルがあります。
双方で予想の視点が異なっている為、最初にどちらのスタイルを選択するのか決めておくのがいいでしょう。
どっちつかずな中で、あわよくば両方のメリットを統合させようとしても、
中途半端なまま投資競馬に失敗するケースが大半です。
自身の投資スタイルを最初に明確にして、その中で精度を上げていくのをお勧めします。

初心者向けの本命党タイプ

時間をかけてでも確実性を求めるタイプなら、こちらのやり方が向いています。
競走成績が良い能力が高い馬、当然オッズも低くなる馬に賭けて、着実に資金を増やしていく方法です。
デメリットは配当が低いという点です。大きく一度に資金を増やせないのが本命党です。
また、不確定要素によって実力のある馬が能力を出し切れなかった場合は、
本命であっても負ける事はあります。
接触等のアクシデントから逃れた外枠に本命馬が配置されている場合限定など、レースを絞っている投資家も少なくありません。
数百万単位の多額を一度に投資する本命タイプは、完全に安全と判断した時しか勝負せず、年間勝負レースが二桁に届くかどうかという事も稀な話ではありません。

中級者以上なら穴党タイプ

オッズで不人気の馬の中から、能力が過小評価されている馬を見抜き、その馬券を購入するのが穴党のスタイルです。
当てた時の配当が大きく、数回の負けもプラスに塗り替えられるのがメリットですね。
人気のある上位馬よりも既存データ上の成績が低い馬から、どうやって購入する理由を発見出来るかがキーです。
畢竟、穴党は不的中が多くなるので、精神面で強い人でないと苦痛を感じるかも知れません。
初心者にはやや敷居の高いスタイルですので、中級者以上にお勧めしておきます。

先に紹介した本命党とこの穴党、どちらのスタンスが向いているか、自身の性格にも照らし合わせて考えてみるのがいいでしょう。
投資競馬が初めての人には本命党がお勧めです。一攫千金のロマンは薄いですが、確実性の強さがあります。

追い上げは危険な投資手法

一見、理に適っているかに見えて、実はリスクの高い投資方法があります。
追い上げと呼ばれているものがそれに該当します。
馬券を買って、もし負けたら次のレースでは増額して馬券を買う方法です。
ギャンブルではこの方法は、マーチンゲール法、モンテカルロ法など色々と応用されています。
しかし、ルーレットやブラックジャックと違って、競馬ではこの方法は通用しません。
勝率が50%で、尚且つ当たった時の配当が200%以上でなければ成立し難い方法だからです。
更に競馬にはオッズがあります。負け続けて後半多額の投資金を出した場合、このオッズに激しく影響を与えます。
上記の条件下でのギャンブルならその方法は通用しますが、競馬では極めてリスキーな投資方法になると言えましょう。

馬券の種類

馬券は複数の種類があります。最初は単勝など分かりやすい馬券から入るでしょうが、
慣れていくにつれて色々な馬券の組み合わせを使いこなせるようになり、効率良く投資計画を立てられるようになれます。以下に簡単な説明を載せておきます。より詳しく知りたいのなら、「馬券の買い方入門」をお勧めします。

単勝
1着の馬を予想する馬券です。勝ち馬が明確な時に買うのが有効でしょう。
複勝
1着から3着までに入線する馬を予想する馬券です。単勝より配当金は落ちますが絞り切れない時に有効です。
枠連
1着と2着になる馬の枠番号の組合せを当てる馬券です。
馬連
1着と2着になる馬の組合せを当てる馬券です。
馬単
1着馬と2着馬を順位も含めて予想する馬券です。2着が見極められる時は挑戦してみるのもいいでしょう。
ワイド
1着から3着までに入る2頭を予想する馬券です。考え方としては馬連や馬単の保険代わりにもなります。
3連複
1着から3着にくる3頭を当てる馬券です。着順の並びは不問です。3連単との併用が安全です。
3連単
1着2着3着全ての着順を的中させなければならない馬券です。難易度が高く、その分配当も高いです。

レースの出馬数は最大で18頭です。18頭時の馬券の組み合わせは以下のようになります。

  • 単勝…18通り
  • 複勝…18通り
  • 枠連…36通り
  • 馬連…153通り
  • ワイド…153通り
  • 馬単…306通り
  • 3連複…816通り
  • 3連単…4896通り

荒れるレースだと大きな額の万馬券が出る事もあり、3連単全通りの馬券を購入してもプラスになる事もあります。ただし、本当に稀ですので、荒れ具合を読める投資家以外には不向きでしょう。
レースや自分の投資方法に合わせて、適した馬券を選択していくのがいいでしょう。

WIN5は最大で2億円の配当

WIN5は、日曜に行われる指定5レースの1着を全て当てると的中になります。
5レースとも18頭立てだった場合、その組み合わせはおおよそ189万通りにもなります。
更にオッズも公開されません。
3連単よりも遥かに難易度が高いですね。
その分配当は高く、最大で2億円、それを超過したり的中者がゼロだった時はキャリーオーバーとなり、
配当額の一部もしくは全部が、次回のWIN5の配当に加算されます。
また、強い馬が突出してて出馬数も少ない簡単なレースが集中して、その結果、的中者が多くなった時は配当金が1万円前後というケースもあります。
WIN5の馬券はPATでの購入限定で、競馬場やウインズでは買えません。

配当の大きさは人によって魅力に映るでしょうが、購入金額が大きくなりがちでもあります。
贅沢に資金を投入できる投資家なら、荒れそうなレースの際に多点買いするのもいいかも知れません。