初心者向け投資競馬入門ガイド

競馬はリスクが少ない理想的投資

競馬にはギャンブルというイメージがありますよね。そんな競馬を投資対象にするなんて何だか怪しい。
そう思っていませんか?
ですが、日本の競馬は公営であり、市場の規模も含めて投資対象としての条件を十二分に満たしています。
最近は競馬人気が下火になっているとも言われていますが、それでも競馬にはファンが多いですね。
競馬人口が日本では多いので、投資競馬も可能になっているんです。
何より投資として競馬を勧めるのはリスクの少なさにあります。
投資と言うとFXや株式を思い浮かべる人のほうが多いでしょうが、それらは非常にリスクが高いです。
初心者が投資を始める場合、競馬は小口で運用出来るので最適な市場とも考えられます。
では、投資競馬をお勧めする理由、もう少し詳しく説明していきます。

FXや株式に比べて低額の運用が可能

馬券購入は最低100円から可能です。少ない資本金で気軽にスタート出来るのが投資競馬です。
FXや株の場合は始めるにしてももっと大きな資本が要求されますが、競馬は投資家の負担が少ないのが特徴です。
公営ギャンブルの中では競馬の市場は大きく、必然配当のリターンも期待出来ます。
投資初心者、あるいはサブで運用したい人には理想的な投資と言えます。

低資金でも何千万の収入になる

競馬には大きな配当を得られる3連単、3連複は勿論の事、最大で2億円もの配当が狙えるWIN5があります。
予想によっては少ない投資金で大きな配当の機会があります。
運次第の宝くじ、ロト6とは違い、知識に裏付けられた予想が活用出来るのがポイントです。
運が全てではなく獲得した経験が実力として反映させられるのが投資競馬です。

保有情報量だけでは勝負は決まらない

FXはインサイダー取引が禁則事項となっていないので、保有情報の差がそのまま結果に繋がります。
確実な情報を持っている者が圧倒的に有利な世界になっています。
初心者がその場に参加しても、意味も分からず損出を重ねて終わるケースが多いです。
しかし競馬の場合、専門誌や主催側からの情報を誰もが等しく受けられ、
投資家同士で情報に差が付き難い傾向にあります。
個人投資家、後発の初心者でも情報格差の影響を受けにくい、実力が反映される公正な競争になります。

大手資本が少ない

FXや株式のような大市場ではないので大手資本会社が参入してくる事はまずありません。
大手投資会社が物量にものを言わせてオッズを変動させてくる心配がありませんので、
個人投資家がそれに振り回される危険が無いのも魅力です。
資本の大きさが有利不利に直接影響する事は無く、資本が少なくても誰とも対等の立場で挑めます。

少ない時間で可能

JRAの主催する中央競馬は週末土日に開催されるのが常です。
FXや株と違い、連日のように情勢を注視する必要はありません。
また、FXや株を既にメインの投資対象としている人なら、メインが閉まっている土日、
その空き時間に競馬をサブ対象にするのもいいのではないでしょうか。

投資初心者なら競馬から

ギャンブルとして見れば印象の良くない競馬でも、投資対象として見ればまた違った魅力を持っているとは思いませんか?
ギャンブルとしての競馬に嵌りさえせず、適切な距離を維持すれば、初心者にとっては非常に都合のいい投資です。
投資が一般的になっている現代、興味はあるけど何から始めたらいいのか分からない初心者には、競馬がお勧めです。